MENU

【比較】女性はジムと宅トレのどっちが良い?最適な選択肢を徹底解説!

当ページはアフィリエイト広告を利用しています
ジムと宅トレに悩む女性

女性のダイエットやボディメイクには、ジムに通うのと自宅でのトレーニング、どちらが効果的なのでしょうか?

闇雲にやり始めても、途中で挫折するのがオチです。

ですので、しっかり自分が納得した上でトレーニングを始めましょう!

本記事では、ジム通いと自宅でのトレーニング(宅トレ)について、それぞれのメリットとデメリットを詳細に比較していきます。

そして、女性のダイエットやボディメイクにおける最適な選択肢を提案します。

こんな疑問を解決します
  • 女性のダイエットはジムと宅トレどっちが良いの?
  • 女性のボディメイクにはジムと宅トレどっちが良いの?
  • ジム通いと宅トレのメリット・デメリットって何?
  • ジム通いと宅トレ以外にも良い方法あるの?
目次

女性の「ジム通い」のメリット

丸印の画像

まずは、ジム通いのメリットについて解説していきます。

基本的に性別は関係ありませんが、女性という観点でのメリットやデメリットもありますので、よく確認していきましょう。

豊富なトレーニング機器と設備が利用できる

エアロバイクの画像

ジムには多種多様なトレーニング機器が揃っており、これにより全身の筋肉を効果的に鍛えることが可能です。

ジムで利用できるマシンには、ランニングマシンやエアロバイクなどの有酸素運動器具、筋力トレーニング用のウェイトマシンやダンベル、スミスマシンなどがあります。

カズオ

ストレッチエリアやフリースペースも設けられており、ヨガやピラティスなどのプログラムも実施できるジムも多いですね

これらの豊富な設備により、ダイエットやボディメイクに向けた効率的なトレーニングを実施することができます。

また、ジムによっては定期的に最新鋭の器具・設備が導入され、それが新しい刺激となってトレーニングの楽しさに繋がり、モチベーションの維持にも繋がることもあります。

プロのトレーナーによる指導とサポートが受けられる

女性が運動している画像

ジムではプロのトレーナーによる個別の指導を受けることができます。

ジムのトレーナーは通常、専門的なトレーニングと認定資格を持っているため、特に初心者にとって大切な正しいトレーニング方法やフォームを指導してもらうことができます。

また、個々の身体の状態や目標に合わせたパーソナルトレーニングプランもトレーナーは作成してくれますので、安全かつ効果的にトレーニングを進められます。

このことで、モチベーションの維持や目標への達成感が高まり、精神的なサポートが受けられるという面でもメリットがあります。

さらに、RIZAPのようなパーソナルジムのトレーナーは、食事や睡眠、その他私生活のサポートも行ってくれるため、確実な効果が期待できます。

モチベーションを高めやすい

女性が運動している画像

ジムでは、トレーナーに体型変化やその努力を認めてもらえたりと、モチベーションを高める刺激をもらえることが多くあります。

また、ジム内の他の人との交流や競争によっても、モチベーションを高めることができます。

その他にも、定期的に新しいレッスンが導入されたり、チャレンジやイベントが開催されたり、新型のマシンが導入されたりと、飽きることなく継続的にトレーニングを楽しむことができます。

このように、ジムでは自分以外の人や環境から刺激を受けることができ、モチベーションを高めやすいという点がメリットと言えます。

女性の「ジム通い」のデメリット

バツ印の画像

ここまで見てきたように、ジム通いでは成果の確実性や怪我等に対する安全性、モチベーションの維持等にメリットがありました。

次は、ジム通いのデメリットについて解説していきます。

月額費用と追加料金がかかる

お金の画像

ジムの利用には、通常、月額費用が必要であり、これは家計にとって大きな出費となります。

また、一部のジムでは特定のレッスンやパーソナルトレーニングセッションを受けるために追加料金が発生することもあります。

さらに、入会金や年間メンバーシップの更新料、タオルやロッカーの利用料など、予期せぬ追加コストが加わる場合もあります。

これらの費用は、長期的に見るとかなりの金額になるため、ジムを選ぶ際には料金体系をしっかりと確認し、自分の予算に合っているかどうかを検討する必要があります。

通う時間と移動の手間がかかる

時計の画像

ジムへの通い道は、特に交通の便が悪い地域や、仕事帰りなどの時間帯には時間がかかることが多いです。

また、ジムが自宅や職場から遠い場合、移動に多くの時間を要することがあり、これがトレーニングを続ける大きな障壁となることもあります。

この移動時間が負担となり、ジムに行く頻度が減少する原因にもなり得ます。

夜間帰宅時にはリスクが伴う

暗い夜道の画像

特に女性の場合、夜遅くにジムを利用して帰宅する際には安全上のリスクが伴います。

暗い時間帯に一人で歩くことは、さまざまな危険にさらされる可能性があります。

また、季節によっては夕方早くから暗くなることもあり、このような状況下ではジムへ行くこと自体が億劫になることもあります。

混雑して待ち時間を伴う場合がある

トレーニングの画像

ジムが混雑している時間帯には、特に人気のあるマシンや設備の使用に長い待ち時間が発生することがあります。

これにより、計画していたトレーニングプログラムが十分に実施できなかったり、トレーニングの質が低下する可能性があります。

混雑を避けるためには、人が少ない時間帯にジムを利用する必要がありますが、これが常に可能であるとは限りません。

人によっては周囲の視線が気になる

トレーニングの画像

ジムでのトレーニング中、特に初心者や体型に自信がない方は、他の利用者からの視線が気になることがあります。

これが精神的なプレッシャーとなり、トレーニングに集中できなかったり、ジムへ行くこと自体を躊躇する原因になることもあります。

このような環境は、特にジムが非常に混雑している場合に顕著です。

女性の「宅トレ」のメリット

丸印の画像

続いて、宅トレのメリットを解説していきます。

トレーニング中や移動時の見た目を気にしなくて良い

トレーニング器具の画像

自宅でのトレーニングは、プライバシーを確保しながら運動ができる大きなメリットがあります。

ジムでのトレーニング中やジムへの移動の際の見た目を気にする必要は一切ありません。

カズオ

自宅の中ですので、すっぴんでも部屋着でも全く問題ありませんね

また、トレーニング中に他の人の視線を気にすることなく、自分のペースでリラックスしてトレーニングに取り組むことが可能です。

そのため、体型やトレーニングの技術に自信がない初心者にとっても安心です。

時間を節約できる

砂時計の画像

ジム通いでは、移動時間と準備の時間が必要です。

しかし、宅トレではこれらが不要になるため、時間を大幅に節約できます。

この時間をトレーニングに充てることで、より効率的に日常生活を運営することが可能になります。

忙しい日々を送る現代人にとって、この時間節約は非常に価値のあるメリットですね。

特に移動時間だけでなく、準備の時間があるため、それが億劫になってしまうこともよくあります。

費用を節約できる

節約の画像

ジムの会費や通勤にかかる交通費など、追加的な出費を気にすることなくトレーニングが可能です。

確かに、初期投資としてある程度のトレーニング器具の購入が必要かもしれません。

しかし、長期的にみるとジムへの定期的な支払いに比べてコストを大幅に削減できます。

例えば、大手スポーツジムの会費と比較すると次の通りです。

スクロールできます
スポーツジム名称 月額 年額
★自宅器具(初期費用のみ) 30,000円~40,000円 30,000円~40,000円
エニタイムフィットネス 7,000円~9,500円 84,000円~114,000円
JOY FIT24 7,000円~9,000円 84,000円~108,000円
ファストジム24 7,000円~7,500円 84,000円~90,000円
コナミスポーツクラブ 10,000円~16,000円 120,000円~192,000円
セントラルスポーツ 10,000円~12,500円 120,000円~150,000円
TIPNESS ティップネス 9,000円~14,000円 108,000円~168,000円
ルネサンス 11,300円~13,300円 135,600円~159,600円
ゴールドジム 10,000円~15,000円 120,000円~180,000円

※ホームジムの金額は一般的な自宅用の有酸素運動・筋トレ器具を揃えた場合の金額から算出
※スポーツジムの月額は利用回数制限のないプランの金額で算出(正確な金額は店舗や細かいプランで異なる)

このように、長期間になるほど、宅トレの方が費用を抑えられます。

ここまで本格的に揃えなくても、「エアロバイク」と「トレーニングシート」のほか、簡単な器具だけであれば2万円前後で揃えることも可能です。

マンションのように、置き場所があまりなく、音が出せないような環境でも利用できるトレーニング器具のまとめ記事を書いていますので、こちらも確認してみましょう。

天候や気温に左右されずに運動ができる

雨の画像

明日は運動しよう!そう思って寝た翌朝、起きてみると雨が降ってる…

ちょっとやる気なくしちゃいますよね。

ジョギングやランニングはもちろん、ジムに行く時も必ず外に出る必要がありますよね。

外に出れば必ず天候の影響は受けてしまいます。

しかしながら、自宅の中であれば悪天候であっても関係なく運動することができます。

また、寒い時期でも室内であれば億劫にならずにトレーニングができます。

自分のペースでトレーニングをコントロールできる

メトロノームの画像

自宅であれば、自分の体調やスケジュールに完全に合わせてトレーニングを調整できます。

無理なく継続できるペースを自分で決めることができるため、トレーニングが続けやすいです。

周囲の目を気にしたり、トレーナーに気を遣って必要以上にトレーニングをしてしまうようなことはありません。

また、自宅であれば、時間に縛られることなく、早朝や深夜でも自分の好きなタイミングでトレーニングを開始できます。

そのため、仕事や家事で忙しい方でも自分のライフスタイルに合わせて調整することができ、生活リズムを崩す必要がありません。

カズオ

急に思い立った時にも、すぐにトレーニングができますね

「鉄は熱いうちに打て」といいますが、やる気が出たタイミングを逃さず、すぐに出来るところは大きなメリットといえます。

好きなことをやりながらトレーニングできる

トレーニングの画像

自宅でのトレーニングであれば、テレビや映画を見たり、本を読んだりしながら運動を楽しむことも可能です。

もちろん、やり方は工夫が必要ですか、私はゲームをしたり、動画を見たりしたながらトレーニングしています。

例えば、このエアロバイクを使うことで可能になります。

デスク一体型なので、仕事をしたり、読書をしたり、ゲームをしたりできます。

このように、自分が好きなことをしながらトレーニングすることで、トレーニングが苦痛ではなく、楽しい時間になります。

そしてその結果、より継続しやすくなるのです。

女性の「宅トレ」のデメリット

バツ印の画像

ここまで見てきた通り、宅トレには時間やプライベート空間といった、パーソナルな面でメリットが多くあります。

一方で、デメリットがあることも事実ですので、それを解説していきます。

自宅にスペースが必要

トレーニング器具の画像

宅トレの大きなデメリットの一つに、自宅内のスペース確保があります。

特に都市部の住宅やマンション等の集合住宅の場合、限られたスペース内でトレーニングを行う必要があるため、大きな運動器具を置くのが困難です。

また、運動中に周囲の家具を移動させたり、トレーニングエリアを確保するために日常の生活スペースを圧迫することもあります。

これにより、運動の種類が限られたり、トレーニングを行うのが不便になることがあります。

ですので、自宅用のトレーニング器具を選ぶ際は、省スペースなものを選ぶ必要があります。

下記の記事では、集合住宅のような住居でも問題なく使用できる器具を紹介していますので、確認してみましょう。

器具を購入する場合は費用がかかる

お金と電卓の画像

ジムのように多様な機器がすでに設置されているわけではないため、特定のトレーニングを行うには自分で必要な器具を購入する必要があります。

例えば、ウェイトトレーニングをする場合はダンベルやバーベル、ヨガを行う場合はヨガマットなどが必要です。

有酸素運動ではエアロバイクやランニングマシンが必要になります。

これらの初期投資は、特に高品質の器具を選ぶ場合には大きな出費となり得ます。

仮に少ししか使わなかった場合は、ジム通い以上に費用が嵩んでしまうこともあり得ます。

自己管理やモチベーション維持の工夫が必要

怠けている画像

自宅でのトレーニングは、高い自己管理能力を要求されます。

ジムのように他の人の存在やトレーナーからの直接的なモチベーションがないため、自らを奮い立たせて継続する必要があります。

また、自宅で基本的には自分自身が一人で行うことになるため、モチベーションの維持が簡単ではありません。

これが継続的なトレーニングの妨げとなり、運動のルーティンを維持するのが難しくなることがあります。

自己管理とモチベーションを維持するためには、明確な目標を設定し、モチベーションを維持する工夫をする必要があります。

自らトレーニングプランを設計する必要がある

ダイエットの画像

宅トレでは、自分自身でトレーニングプログラムを設計する必要があります。

これには、運動の知識や自身の体力レベルに適したトレーニングメニューの理解が必要です。

また、目標に合わせた効果的なプログラムを作成するためには、様々な運動の組み合わせや進行度の計画が求められます。

これが適切に行われないと、トレーニングの効果が十分に得られない可能性があります。

そのため、あまりこの分野に関しての知識がない人は、最低限の情報は集めて理解しておくことをおすすめします。

適切なフォームの確認と修正が難しい

ジムでのトレーニング

自宅でトレーニングを行う場合、正しいフォームで運動を行っているかの確認が難しいことがあります。

ジムではトレーナーが適切なフォームでの運動を指導してくれますが、自宅では自己チェックが主となり、間違ったフォームでのトレーニングが続くと怪我のリスクが高まります。

動画やオンラインの指導を利用する方法もありますが、直接的なフィードバックが得られるわけではないため、注意が必要です。

女性は「ジム通い」と「宅トレ」どっちが良い?

天秤の画像

では女性にとって、ジムと宅トレはどちらが良いのでしょうか?

その目的により変わってきますので、目的別にどちらがおすすめかを解説していきます。

短期のボディメイク・ダイエットには「ジム通い」がおすすめ

女性が運動している画像

短期間でのダイエットやボディメイクで確実に効果を得るためには、集中的かつ科学的に裏付けられたアプローチが必要になります。

そのため、短期でのボディメイク・ダイエットが目的の場合は、ジムでのトレーニングの方が有効です。

その理由については次の通りです。

多様な設備により効率的にトレーニングできる

トレーニングの画像

ジムでは、各種トレーニング機器が用意されており、それぞれ異なる部位を効果的に鍛えることができます。

例えば、トレッドミルやエアロバイクなどのカーディオマシンは心肺機能を高め、脂肪燃焼を促進します。

一方、ウェイトマシンやダンベルを用いたウェイトトレーニングは筋肉を増強し、引き締まった体と基礎代謝を上げる効果があります。

宅トレではどうしても多くの機器を取り入れることは難しいため、どうしても短期で全身を鍛える(引き締める)必要がある場合はジムの方が効率が良いでしょう。

専門的な知識とサポートによる効率向上

ジムでのトレーニング

ジムにはフィットネスの専門知識を持つトレーナーがいます。

彼らは個々の体力や体調、目標に合わせたトレーニングプランを提案し、適切な指導を行います。

この個別指導によって、効率的なトレーニング方法を身につけることができ、無駄なく確実に体を変化させることが可能です。

また、適切なフォームでの運動指導により、怪我のリスクを減らし、より安全にトレーニングに取り組むことができます。

いくら短期での結果を求めているとはいえ、無理やり適当なフォームでやって怪我をしてしまっては本末転倒です。

急がば回れということで、しっかり確実に効果を出すために、専門家を頼ると良いでしょう。

モチベーションが維持しやすい

女性が運動している画像

完全個室のパーソナルジムを除き、ジムでは他の利用者もいます。

そのため、それが刺激となって高いモチベーションを保つことができます。

特に短期間での目標達成を目指す場合、一時的なモチベーションのダウンもなるべく避けたいところですので、このモチベーション向上・維持は非常に重要です。

気持ちを切らすことなく、結果が出るまで走り抜ける必要があります。

運動以外の総合的なサポートを受けられる

栄養バランスの良い食材の画像

多くのジムではトレーニング以外のアドバイスも提供しています。

例えば、栄養指導やライフスタイルに関するアドバイスです。

専門的な栄養指導を受けることで、トレーニングの効果を最大限に引き出し、短期間で体質改善を目指すことができます。

また、心身のリラクゼーションを促す施設(例えばサウナやスパ)が利用できるジムもあります。

このように、運動以外の面でも総合的なサポートやサービスが受けられるため、短期で確実に効果を出したい場合はジムの方がおすすめと言えます。

もしこれからジムに通うならば、「女性専用」のジムがおすすめです。

周囲が気にならずにトレーニングに集中できますし、プログラムも女性に特化しており、高い効果が期待できるためです。

おすすめのジムは、女性専用かつ24時間で利便性の高い女性専用24時間ジム【Amazones(アマゾネス)】です。

継続率は90%以上と、非常に評価が高いジムで、安心して通うことができます。

初月は無料で4回のパーソナルトレーニングが受けられたり、プロテインや水素水の飲み放題があったりと、メリットが豊富です。

今は初期費用が無料のキャンペーンも実施中なので、お近くに店舗がある方は一度無料体験を申し込んではいかがでしょうか。

\先着限定!初期費用無料・月額永年割引!/

もし、女性専用24時間ジム【Amazones(アマゾネス)】の細かいサービス概要や無料体験の申し込み方法が知りたいという方は下記の記事で確認してください。

短期での成果を確実に求める場合はジムの中でもパーソナルジムがおすすめ

パーソナルジムでは、個人の体質や生活習慣、目標に合わせて様々なサポートしてもらえますので、確実な効果が期待できます。

ボディメイクやダイエットを確実に実現していくためには、運動だけでなく、食事をはじめとした生活習慣の改善が必須です。

そのため、どうしても短期で必ず結果を出す必要がある場合は、パーソナルジムを選ぶと良いでしょう。

カズオ

とはいえ、パーソナルジムは数多くあり、どこを選べば良いか分かりませんよね

そんな時は、全国のパーソナルジムを一括で検索できるサイトを活用することをおすすめします!

おすすめは、パーソナルジムの口コミ比較サイト【GYME】です。

この【GYME】は、下記のような強みがあります。

  • パーソナルジムに特化した口コミ比較サイト
  • 不透明になりがちな総額費用の目安が一目で分かる
  • 地域や口コミ、その他こだわり条件で検索可能
  • 入会時には最大30,000円のキャッシュバックの特典あり

直接申し込むよりも、【GYME】を通すことで最大30,000円のキャッシュバックがあるため、活用しない手はありません!

まずは【GYME】で探してみましょう!

\最大30,000円キャッシュバック中!/

【GYME】でお住まいの地域のパーソナルジムが見つからない!

そんな場合は、業界最大手であるRIZAPがおすすめです。

RIZAPは、【GYME】に掲載されていませんが、ほぼ全ての都道府県に存在しています。

RIZAPでは厳しい試験と研修を突破したトレーナーによる個別サポート、そして完全個室によるトレーニングということで、確実な結果が期待できます。

そして、パーソナルジムの中でも徹底した食事管理とトレーニングプラン、そして生活習慣全般におけるサポートが充実しているため、安心感も段違いです。

パーソナルジムは数多く存在しますが、確実に効果を出したいのであれば、やはりRIZAPは有力な選択肢となります。

カウンセリングは無料ですので、どうしても短期で効果を出したいという方はRIZAPの無料カウンセリングで一度相談してみると良いでしょう。

実際にプログラムを開始してみて満足できない場合も、30日までであれば全額返金の保証がされていますので、安心してスタートできます。

\完全個室!30日間全額返金保証!/

中には、ネガティブな口コミを見聞きしてRIZAPは本当に効果があるの?と心配な方がいるかもしれません。

そんな方に、RIZAPに関する記事を書いていますので、参考にしてください。

結論から言って、かなり効果が高いパーソナルジムと言えます。

長期の体型維持や健康維持には「宅トレ」がおすすめ

トレーニングの画像

長期での体重維持や健康維持を目指す場合、宅トレとジムトレーニングのどちらも有効です。

ただ、個人的には「宅トレ」をおすすめします。

その理由は下記の通りです。

長期的な視点では自宅用の器具でも十分な効果が期待できる

エアロバイクの画像

脂肪燃焼を中心とした体重管理や健康維持は、長期的かつ継続的な取り組みが不可欠です。

そのため、単発的な取り組みよりも、毎日取り組めるように自宅でのトレーニング習慣を身につけることが理想です。

近年の自宅用のマシンは、小型でありながらジム並みの性能を有しているものも多く、きちんとトレーニングを実行できれば十分に効果があります。

とはいえ、器具選びが非常に重要になりますので、その点は注意が必要です。

次の記事では自宅用のトレーニングにおすすめの器具を紹介しているので、参考にしてください。

気軽さと自由度の高さにより継続がしやすい

トレーニングの画像

前述の通り、時間が自由であることやプライベートが確保されていることから、実は自宅でのトレーニングは継続がしやすいです。

もちろん、一人では継続しづらいという方はジムに通った方が良いでしょう。

ジムには本格的なランニングマシン(トレッドミル)やエアロバイクなどのマシンが多く揃っているため、それがモチベーションに繋がることもあります。

しかし、天候や気温、移動時間や移動距離といった物理的な障害があることも事実です。

自宅のトレーニングであればそれらの問題は関係ありません。

特にモチベーションが高い時期はそういった障害は乗り越えられますが、長く続けることを考えると、障害はなるべくない方が良いでしょう。

モチベーションが少し下がった時に、一気に面倒くさくなることが考えられます。

そのため、気分が変わった時でも、自宅のトレーニングであれば無限にアレンジを加えられるので、飽きずにトレーニングすることができます。

長期ではジムよりも低コストになる

節約の画像

本記事ですでに解説をしていますが、自宅でのトレーニングは初期投資で一時的なコストはかかるものの、長期ではジムに通うよりも安くなります。

長期的な効果を前提とするならば、当然長期で継続することになりますので、ジムよりも圧倒的に低コストになります。

本記事で解説した一般的なスポーツジムとの金額比較をもう一度みていきましょう。

スクロールできます
スポーツジム名称 月額 年額
★自宅器具(初期費用のみ) 30,000円~40,000円 30,000円~40,000円
エニタイムフィットネス 7,000円~9,500円 84,000円~114,000円
JOY FIT24 7,000円~9,000円 84,000円~108,000円
ファストジム24 7,000円~7,500円 84,000円~90,000円
コナミスポーツクラブ 10,000円~16,000円 120,000円~192,000円
セントラルスポーツ 10,000円~12,500円 120,000円~150,000円
TIPNESS ティップネス 9,000円~14,000円 108,000円~168,000円
ルネサンス 11,300円~13,300円 135,600円~159,600円
ゴールドジム 10,000円~15,000円 120,000円~180,000円

※ホームジムの金額は一般的な自宅用の有酸素運動・筋トレ器具を揃えた場合の金額から算出
※スポーツジムの月額は利用回数制限のないプランの金額で算出(正確な金額は店舗や細かいプランで異なる)

このように、長期的な体型維持や健康維持というような、限りなく長期での成果を目的とする場合は、コスト面からも「宅トレ」がおすすめと言えます。

「宅トレ」の器具はエアロバイクがおすすめ

宅トレでは、いつでも運動ができる状況を作ること、そして運動時間をしっかり確保することが重要です。

特に、有酸素運動は運動時間に比例する形で効果が出るため、より運動時間の確保が大切になります。

読者さん

毎日忙しいし、そんな時間作れない…

カズオ

そんな方におすすめは、自宅で好きなことをしながらエアロバイクを漕ぐことです

エアロバイクは両手が自由になるため、下記のように好きな事をしながら取り組むことができます。

  • テレビでドラマを観ながら
  • 好きな動画を観ながら
  • 映画やアニメを観ながら
  • PCで仕事をしながら
  • スマホをいじりながら
  • ゲームをやりながら
  • 読書をしながら

このように、あえて運動の時間を確保せずとも、何か他のことをしながら運動ができるため、とても効率的です。

そして、エアロバイクはきちんと選べば、省スペースで静音設計、かつ低コストのマシンが多くあります。

このことから、エアロバイクは自宅でのダイエットやトレーニングには、まさに最適のマシンです。

本記事では、以下の2種のおすすめのエアロバイクを紹介します。

コンパクトな万人向けマシン

折りたたみ可能でコンパクトな万人向けマシンです。

エアロバイクで衰えがちな上半身も同時にトレーニングできるため、どんな方にもおすすめできるマシンです。

PCの作業や読書をしながら運動できるマシン

デスク一体型のため、PCやタブレットでの作業をしながら運動できます。

忙しい人や何かをしながら運動したい人におすすめのマシンです。

この他にも、本格的に痩せたい人向けのマシンや、とにかく低コストのお試しマシン等、おすすめエアロバイクのまとめ記事を書いていますので、参考にしてください。

「宅トレ」にオンラインフィットネスを取り入れるとさらに効果的

確実に成果を出す場合、ジムと自宅でのトレーニングを両方組み合わせることができるのであれば、それが最も効果的です。

でも、実際はその生活を長期的に続けることが難しい人がほとんどだと思います。

読者さん

ジム通いと宅トレを両方同時にするのは、時間的にもお金的にも厳しい…

カズオ

そんな方は、次に紹介する「オンラインフィットネス」という方法も視野に入れると良いでしょう

オンラインフィットネスは、インターネットを介して提供されるフィットネスサービスやプログラムのことです。

通常、オンラインフィットネスは、動画コンテンツ、アプリ、ウェブサイト、またはソーシャルメディアを通じてアクセスでき、レッスンや指導を受けられます。

このオンラインフィットネスの特徴は、自宅やどこからでもアクセスできることです。

これにより、通常のジムのように店舗に直接行く必要がなく、自分の都合の良い時間にトレーニングができます。

カズオ

さらに、オンラインフィットネスは個別指導や個人用にカスタマイズされたプランを提供するサービスもあります

そこでは、まるでパーソナルジムのように細かなトレーニングプランや栄養アドバイスを受け取ることもできます。

読者さん

オンラインフィットネスって料金が高そう…

カズオ

実はそのようなことはなく、通常のジムよりも低く抑えられることが多いです

もちろん、サービス内容によりますが、ジムと自宅サービスの両方を実施するよりは抑えられることが間違いないでしょう。

無料のトライアル期間や無料コンテンツが提供されていることも多いので、興味のある方は一度試してみましょう。

ここではおすすめのオンラインフィットネスを3つ紹介します。

①ZENNA(ゼンナ)

ZENNAは専門のトレーナーによる完全マンツーマンが特徴です。

オンラインフィットネスは一人のトレーナーに対して複数人で参加するレッスンが主流ですが、ZENNAでは個別のレッスン・指導が基本になります。

ですので、何か困ったことがあればその場ですぐに聞くことができ、安心してトレーニングができます。

さらに、月額7,920円(税込)~という低価格に加え、入会金もありませんので、他のオンラインフィットネスサービスと比べても低コストです。

そのため、きめ細やかなサービスかつ低コストという、非常にコスパが良いサービスとなっています。

時間も6:00〜24:00と幅広い時間に対応していますので、忙しい方でも利用しやすいです。

Zoomで簡単に無料体験ができますので、試してみましょう!

\入会金無料!無料体験実施中!/

CLOUD-GYM

CLOUD-GYMの特徴は、DNAデータに基づいたオンライン型パーソナルジムということです。

入会者はまず遺伝子検査を行い、何を食べると太りやすいか、どのようなトレーニングが効率的かを判別し、あなたの体質にあった食事管理とトレーニング指導が行われます。

つまり、科学的な分析に基づき、ムダなく効率的に目標達成が可能になります。

オンラインフィットネスで、効率的にトレーニングを実施したいという方には大変おすすめです。

CLOUD-GYMでもオンラインフィットネスには珍しくマンツーマンのトレーニングが基本になりますので、細かなアドバイスをもらうことができます。

価格は月額14,080円(税込)~と、オンラインフィットネスとしては標準的な価格帯となっています。

現在、通常55,000円の入会金が無料、かつ無料カウンセリング実施中なので、一度相談してみると良いでしょう。

\入会金無料!カウンセリング無料!/

SOELU

SOELUの特徴はそのコンテンツの豊富さです。

200名以上、月6,000種類以上にインストラクター&プログラムが用意され、全国から選りすぐりのレッスンを受けることが可能です。

朝5時〜深夜25時までレッスンを行っており、時間帯も非常にフレキシブルです。

自分を画面に映さずにレッスンできる「ギャラリー枠受講」や、24時間いつでも視聴できる「ビデオレッスンプログラム」も豊富に用意されていますので、自分が映るのが恥ずかしいという方も安心です。

そして、月額3,278円(税込)~という破格の安さがもう一つの特徴です。

現在、月額100円(税込)で通常プランと同じサービスを1ヶ月間受けられますので、どんなサービスかを実際に試してみましょう。

トライアル期間中の解約でも解約料はかかりませんし、レッスンも受け放題です!

\1ヶ月100円でレッスン受け放題!解約無料!/

【まとめ】女性は「ジム通い」と「宅トレ」どっちが良いか

ここまで、女性にとって「ジム通い」と「宅トレ」どちらが良いかについて、解説してきました。

最後に要点をまとめます。

  • 短期のボディメイク・ダイエットには「ジム通い」がおすすめ
    →おすすめのジムは女性専用24時間ジム【Amazones(アマゾネス)】
  • 短期での成果を確実に求める場合はジムの中でもパーソナルジムがおすすめ
    【GYME】で探すのがおすすめ。必ず結果を出したい場合はRIZAPが安心。
  • 長期の体型維持や健康維持には「宅トレ」がおすすめ
  • 「宅トレ」の器具はエアロバイクがおすすめ
  • 「宅トレ」にオンラインフィットネスを取り入れるとさらに効果的
    →①コスパ抜群のマンツーマン指導のZENNA
    →②個人のDNA検査に基づき効率的に成果が出せるCLOUD-GYM
    →③低価格でコンテンツが充実していて、気軽に試せるSOELU

いかがでしたでしょうか。

この記事が皆様のお役に少しでも立てたならば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事をシェアする!
目次